MENU

少しなら大丈夫でも余り多いと問題になることも?

あれやこれやと出費が重なって全然お金がなくなったのに、またまた急にお金が要り用になるなんてことがあります。そんなときは即日融資のキャッシングが便利です。借り入れが初めてなら問題ないのですが、既に複数の会社から借り入れている人は少し不安になります。何社かから借りているけど申し込んでも審査ではねられるのではと心配になってもおかしくはありません。

 

これは当然の心配で、複数借り入れにはキャッシング会社それぞれが独自基準を持っていて、余り件数が多くなると申し込みが難しくなります。どこのキャッシング会社に申し込むかにもよりますが、一般的には3社までが許される数字で3社以上から同時に借り入れがあると、書類は受け付けてもらえても実際の融資までには至らないケースが多いようです。

 

借入先の数以外にも借入合計金額も審査の対象項目になっています。各キャッシング会社が基準としている金額は200万円で、200万円以上の借り入れ総額があると本人の収入にもよりますが即日融資はかなり厳しくなります。さらに金額とは関係なく借入金総額が年収の1/3を越えると貸金業法の総量規制に引っ掛かり融資はできなくなります。このケースでは審査に通ることはありません。

 

早く借入れしたいならおすすめのカードローンはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

複数会社から借り入れがある場合はおまとめローンがおすすめ

複数会社から借り入れがある人はまず借入先の一本化を考えてください。そうすれば即日融資は受けやすくなります。借入の一本化にはおまとめローンがお勧めです。各キャッシング会社ではお客様のローンを自社ローンに纏めてもらう目的でおまとめローンを商品化しています。条件のいいおまとめローンを探して融資してもらい、その融資で他社に借りている借金を返済します。そうすると借金はおまとめローンだけになり、これが借金の一本化です。

 

借金の一本化には色々な利点があります。まず借金の整理ができ、月に何回もあった返済日が1回になることです。複数の借入先があると自分の借金がいくらあるか掴みにくく管理ができていないケースを見かけます。また返済日が何日もあるといつも返済期日に追われているようで返済計画を立てることもできません。

 

利点はそれだけではなく、金利が安くなるケースも少なくありません。もともと少しずつ借りていた借金を纏めて借りるおまとめローンは金利を安く設定していることが多く、月々の返済も少なくて済みます。勿論返済総額も少なくて済みますが、借金その物がなくなるわけではありません。これを機会に返済計画をしっかり組み、最後まで返済することが肝要です。

 

複数会社から借り入れている人で返済日になっても返済金が工面できないときは、藁にもすがる思いで即日融資のキャッシングに頼ろうとします。しかしこれでは何の解決にもなりません。余計苦しくなるだけです。

 

借り入れの返済のためにキャッシングをすれば元々の返済金に加えて新たに借り入れた分の利息も払わなければいけなくなります。借金はそのまま残り新たに利息が増えてしまう構図です。次の返済期日がくればまたその返済のために新たな借金を重ねる。これを繰り返していると利息が積み重なって借金だけが増えていきます。

 

このような悪循環に陥ってしまったとしたら、即日融資のキャッシングを頼るのではなくて抜本的な解決方法を考える必要があります。債務整理はその中の一つです。いよいよというときには自己破産をすれば借金は返さなくてもよくなります。複数融資で借金が膨らんだ人は即日融資のキャッシングを申し込む前に自分の収入で返済できるか、返済計画は万全か良く考えた上で申し込むかどうか決めるようにしてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日