MENU

金額によっては収入証明書を一緒に提出

即日キャッシングといっても特別に必要になる書類が増えるわけではありません。通常のキャッシングとほぼ同じ内容になりますが、必ず要求される書類が本人確認書です。運転免許証を持っているのであれば、それで問題ありません。本人確認として使える書類は国や地方自冶体などが発行する公的書類になりますが運転免許証ならいつも持ち歩いているので直ぐに準備できて便利です。

 

その他にもパスポートや健康保険証などでも大丈夫です。このように前もって作られている書類をどれか一つ提出すればそれで本人確認は完了します。いずれも持っていない場合は住民票でもいいのですが、お金が要り用になってから住民票を貰いに行くようでは即日キャッシングには間に合わないかもしれないですね。

 

ただし貸金業法ではある貸金業者から50万円を超えて借りるときは年収を証明する書類を提出しなければいけないことになっています。もちろん即日融資のキャッシング業者もこれは守る必要があり、申し込み時点で書類の提出を要求されす。収入証明書は職業によってそれぞれの書類を代用することができますが法令で定められているので注意が必要です。

 

早く借入れしたいならおすすめのカードローンはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

年収を証明する書類について

給与所得者の場合、年収を証明する書類として認められるのは給与の支払明細書か源泉徴収票であれば大丈夫です。ただし、給与の支払明細書は直近2カ月以上、源泉徴収票は直近のものとなっています。勿論両方を準備する必要はなくどちらか片方があれば問題ありません。このような書類はいつもしまう場所を決めておけば慌てなくて済みます。

 

自営業やフリーランスの給与所得者以外の方の場合は確定申告書や納税通知書又は納税証明書が収入証明書として提出できます。もちろんどれか一つで構いませんが直近のものが必要です。実は貸金業法の対象業者は消費者金融やクレジットカード会社などで銀行は貸金業者ではありません。そのため50万円を越えて申し込みがあっても収入証明書の提出を求めないケースはたくさんあります。

 

実際、銀行からカードローンで借りる場合ほとんどの銀行が300万円までは収入証明書の提出は要求しません。50万円を越えて即日融資が必要になったときはキャッシング業者よりも銀行のカードローンの方が借りやすいかも知れません。一度検討してみる価値はありそうです。

 

即日融資を申し込んだ場合

キャッシング業者で即日融資を申し込んだ場合、50万円までは収入証明書は必要ありませんでした。しかし自営業やフリーランスの給与所得者以外の方は収入証明書を準備しておいた方が安全かもしれません。一般的に給与所得者と比べ収入が不安定との評価があるからです。直近数年間の確定申告書や納税通知書を準備しておいて見せることでキャッシング業者を安心させることができれば審査をとおる可能性もずっと高くなります。50万円までは収入証明書は提出しなくても借りられると高をくくるのではなく少しでも可能性を高くするため収入証明書を準備しておけば安心です。

 

最近では便利になり、即日キャッシングの申し込みもインターネット経由で行うことが多くなりました。インターネットの場合必要書類は写真で写して画像として送ります。端末によっては専用アプリが組み込まれているものもあり、それらを利用すれば失敗することもなく手軽に申し込みが完了します。急にお金が必要になり少しでも早く申し込みをしたいときなどは、家に居ながら手続きができるパソコンやスマホなどを使ったインターネット経由がいいようです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日