MENU

時効の援用が適応されるために必要なこと

よく刑事ドラマなどで時効成立までに犯人を捕まえなければ!などよく聞く言葉ですが、キャッシングなどの借金にも時効があります。犯罪において事件から一定の年数が経過した後に捕まっても刑の執行が行われないのと同じように一定の期間が過ぎた借金は時効が成立します。

 

貸金業者からの借金の時効は5年と法律で定められています。5年を過ぎてしまうと貸金業者は、取り立てをする権利を失ってしまうことになります。では5年逃げれば借金がチャラになるじゃん!と思うかもしれませんがそう簡単にはなかなか行きません。完全にチャラにするには時効の援用が必要不可欠になります。

 

借金の時効が成立するには

時効の援用とは借金の時効を成立させるために貸金業者に5年たったので借金チャラにしてくださいと宣言することになります。この宣言がないことには時効は成立されません。自然と借金がなくなることはないのです。しかし成立すると借金の返済がなくなりブラックリストと呼ばれる信用情報から個人のデータが消えることになります。

 

ただし、やむを得ず借金の返済ができなくなるには様々な理由があるとは思いますが元々は借りたお金ですから時効成立には5年経過以外の細かなルールが設けられています。犯罪にも海外に逃亡中は時効が止まりますよね。借金の時効も中断することがあります。条件は、借金があると認めてしまうことです。どのようなことかというと、返済が滞った時に貸金業者から連絡があると思いますがその際にいずれ返しますなど返済の意思を示すような行為です。

 

そのほかにも、電話などの連絡を絶ったとしても差し押さえや行政処分などの処置を相手が取った場合も時効の中断が認められてしまいます。時効の中断になってしまうとまたそこから5年たたなければ時効は成立しません。時効には5年間完全にやり取りをなくさなければいけないのです。

 

時効の援用に必要なこと

では実際に時効の援用をする場合どのようにしたらいいのかをご説明いたします。まず大切なのは最終取引が何年の何月何日だったのか、そこからきっちり5年経過しているかどうかの確認をすることです。一日でも足りないと時効の援用ができません。その後、借金をしている貸金業者に連絡をし、時効の中断がないかどうかを聞かなければなりません。

 

そこから時効の援用の宣言をするのですが、電話でもできるのですが、証拠が残りづらいため後にトラブルになる可能性があります。出来るだけ後にも残るような分かりやすい形にするために、援用通知書という書類にて宣言してください。援用通知書は、弁護士や行政書士など専門家に依頼すると間違いがなくおすすめですが自分でも作成することが出来ます。ネットなどで書き方が調べられますのでそちらを参考に作成してください。

 

援用通知書が作成できたら、内容証明郵便で送付してください。内容証明は貸金業者に送る原本をコピーし郵便局に預かってもらうことができます。これによりどんな書類が相手に送られたかの証明になるので、そんな書類は受け取ってないと言い逃れることが出来なくなります。

 

そして、貸金業者からの催促状がなくなれば相手が時効を認めたことになり借金は晴れてチャラとなり取り立てなどに悩まされる心配はなくなります。時効の援用は個人でもできますが、どうしても手間や時効の中断がなかったかどうかを調べることが困難ですので一人でやろうとせずに弁護士などの専門家に間に入ってもらった方が早く終わります。貸金業者も時効の援用にならないように十二分に対策をとっていますので、5年経てば大丈夫と楽観視せずに、しかるべき相談窓口を利用するなどするようにしてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日