MENU

注意!ブラックリストに載ってしまう原因

キャッシングの審査で重視されるのは、収入の安定性と信用です。しかし、収入は給与明細や源泉徴収票などで確認することが出来ますが、信用は一体どのように調べられているのでしょうか。実は、金融商品の利用に関する信用情報は個人信用情報機関という場所で記録されています。キャッシングの審査では過去にキャッシング商品やクレジットカードの利用で問題を起こしていないか確認する為に、この機関が活用されているのです。

 

各キャッシング会社でも、過去に自社のキャッシングを利用したことがある顧客の利用履歴はきちんと保管していると思います。しかし、他社の商品やクレジットカードの利用等まで範囲を拡大すると、どうしても各キャッシング会社で把握することが出来ません。個人信用情報機関では、過去の金融商品の利用状況をまとめて記録してあります。つまり、ここの情報を見ればその人の信用が分かるようになっているのです。

 

キャッシングの審査では、ブラックリストという言葉が登場することがあります。その名称からまるで実際のリストが作成されているのではないかと勘違いする人もいますが、ブラックリストは決して実物のリストを指しているのではありません。実は、信用情報機関に記録されている情報の中に事故情報が含まれている状態をブラックリストと呼ぶのです。

 

ブラックリストに載ってしまう原因とは

信用情報に事故情報がなければ、ブラックリストの状態にはなりません。事故情報に含まれるのは、悪質な延滞や契約違反等です。本来きちんと返さなければならないはずのお金を適正に返さなかった場合に事故情報として記録され、ブラックリストとなってしまいます。キャッシング会社にとって、正しく返済を行わないブラックリストの顧客は融資を行うに値しない人間です。その為、信用情報がブラックの方はキャッシングの審査で落とされてしまいます。

 

うっかり返済日を忘れて返済が数日遅れてしまったという程度なら、事故情報になる可能性は非常に低いと言えます。しかし滞納したという事実は残ってしまうので、遅延が度重なれば事故情報として扱われる危険性も出て来ます。返済日の管理ミスで事故情報が記録されてしまうと、新たなローンの利用がほぼ不可能になってしまいます。お金に困った時に頼れる存在をなくしてしまうことになるので、絶対に事故情報は作らないように注意してください。

 

ブラックリストは一生消えないの?

一度事故情報が記録されてブラックリストになってしまっても、一生その情報が残るわけではありません。一生ブラックリストのままだと消費者に不利益が生じてしまうので、一定期間が経過すれば情報は抹消される仕組みになっているのです。事故情報の保管期間は、信用情報機関によって異なります。しかし、だいたい5年から7年ほどで事故情報は抹消されると言われています。自己破産をすると10年くらい事故情報が残されてしまうようですが、それ以外なら、7年経てばブラックリストから解放されると考えて良いでしょう。

 

自身の信用情報がどういう状態になっているのか気になる方は、信用情報機関に対して情報開示請求を行ってみると良いでしょう。自分の信用情報はきちんと手続きを行えば確認することが出来ます。最近はインターネットからでも手軽に手続きが出来るようになっているので、過去の延滞情報等の気になる点がある場合は確認しておいてください。もしも信用情報がブラックリストになってしまっていると、キャッシングやクレジットカードに申し込みをしても審査に通過することは出来ません。その場合は新たに申し込みと審査落ちの記録が残されてしまうので、不要に信用情報にマイナス要素を残してしまわないように、事前に信用情報を確認しておくことが非常に重要なのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日