MENU

債務整理をすればブラックリストに掲載されます!

多重債務になるぐらいなら債務整理がおススメ

返しても返しても減らない借金。それどころか、増える一方。そんな状況になっているなら、出来るだけ早い時期に債務整理をすることをおススメします。借金を返すために、別の貸金業者からお金を借りると言う、いわゆる自転車操業に陥っているなら、もう考える必要はありません。多重債務から抜け出すには債務整理しかないのです。

 

自転車操業は早晩、行き詰るものです。特に、多重債務は段々と借り入れが難しくなるのが一般的です。そうなると、やむを得ずヤミ金からお金を借りることになります。こうした悪徳業者から一度借りてしまうと最後、泥沼にはまってしまいます。そうなる前に弁護士、あるいは司法書士といった法律の専門家に相談することが重要です。法律の専門家に相談すれば、自分の状況に応じたプランを提示してくれます。

 

債務整理をするとブラックリストに載るの?

債務整理と言うのは、債務者に対する法的な救済策と思ったら良いでしょう。こうした債務整理を行えば、借金が減額されたり、返済が免除されるというメリットがあります。しかし、メリットばかりではありません。と言うのは、債務整理をした場合、信用情報にそれが記載され、いわゆるブラックリストに載ることになります。

 

通常、ブラックリストに載ってしまえば、まともなところからはお金を借りられません。もちろん、ローンを組むことも不可能です。このようなデメリットがあることも十分に理解しておきましょう。債務整理と言うのは、法的な救済策と述べました。つまり、合法的なものなのです。しかし、ある意味、借金を踏み倒すことになるのは紛れもない事実です。少なくとも、債権者から見るとそういうことになります。ですから、このようなペナルティを受けることになるのですが、これは仕方がないと言えるでしょう。

 

ブラックリストはいつまで載っているの?

さて、債務整理をするとブラックリストに載るので、当面はお金を借りることも、ローンを組むことも出来ません。では、このまま一生、お金を借りれないのかと言うと、そうではありません。ある程度の期間が過ぎれば、ブラックリストから名前が消えるのです。そうなれば、またローンを組んだりすることもできるようになります。では、ブラックリストから名前が消えるのにどれぐらいの期間が必要なのでしょうか?大体の目安は5年ぐらいとされています。

 

債務整理と言うと、自己破産のイメージがあります。しかし、それ以外にも2つの方法があります。それは任意整理、及び個人再生です。任意整理や個人再生の場合、自己破産のように、返済を完全に免除するわけではありません。無理なく、お金を返せるように、返済の計画を見直すところに特徴があります。

 

この債務整理によってブラックリストに載ってから、5年が過ぎれば、必ずブラックリストから外れるわけではないのです。5年以上かかるケースもあります。こうしたタイムラグがあることは覚えておきましょう。もしブラックリストに載っていたことがある人が、新たにキャッシングをしたり、ローンを組んだり、クレジットカードを使いたいと思うなら、自分の信用情報がどうなっているのか見たほうがよいでしょう。こうした信用情報は見せてもらうことが出来ます。これはきちんと手続きさえすればOKです。一度確認して、金融事故の情報が載っているか確認するほうが無難です。

 

時に「ブラックでもOK!」と書いているメールが来たり、チラシを見かけることもあります。これは魅力があるかもしれません。しかし、これは危険な闇金業者の広告です。誘惑に負けて、借りたりしないように注意しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日