MENU

知らない人が多いキャッシングの事故情報について解説

よく刑事ドラマなどで時効成立までに犯人を捕まえなければ!などよく聞く言葉ですが、キャッシングなどの借金にも時効があります。犯罪において事件から一定の年数が経過した後に捕まっても刑の執行が行われないのと同じように一定の期間が過ぎた借金は時効が成立します。貸金業者からの借金の時効は5年と法律で定められています。5年を過ぎてしまうと貸金業者は、取り立てをする権利を失ってしまうことになります。では5年逃げ...

キャッシングの審査で重視されるのは、収入の安定性と信用です。しかし、収入は給与明細や源泉徴収票などで確認することが出来ますが、信用は一体どのように調べられているのでしょうか。実は、金融商品の利用に関する信用情報は個人信用情報機関という場所で記録されています。キャッシングの審査では過去にキャッシング商品やクレジットカードの利用で問題を起こしていないか確認する為に、この機関が活用されているのです。各キ...

キャッシングでお金を借りたら返済します。これは当然のことです。しかし、中には期日までに返済できなかったという人もいます。このケースは督促の電話が来たり手紙が届いたりします。催促の電話や手紙が届いた段階ですぐに返済する人もいることでしょう。それであれば、延滞事故にはなりますが、返済すれば解決します。しかし、世の中にはこうした支払督促申立書が届いても無視を決め込む人たちがいます。こういった場合、債権者...

多重債務になるぐらいなら債務整理がおススメ返しても返しても減らない借金。それどころか、増える一方。そんな状況になっているなら、出来るだけ早い時期に債務整理をすることをおススメします。借金を返すために、別の貸金業者からお金を借りると言う、いわゆる自転車操業に陥っているなら、もう考える必要はありません。多重債務から抜け出すには債務整理しかないのです。自転車操業は早晩、行き詰るものです。特に、多重債務は...

刑事ドラマを見ていると、「○○事件の時効成立まで、あと×日か…」みたいなセリフありますよね。時効というと刑事事件のイメージがあるでしょうか。しかし本来、時効とは刑事事件に関することだけに適用されるものではありません。時効とは、ある出来事から一定期間が経過したことで、法律上の真実の是非に関わらず、その有効とされていたことが消滅してしまうことを言います。時効には@取得時効A消滅時効の2つがあります。ひ...